スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブタクサアレルギーワクチン 

以前から花粉症に対するワクチン療法の実用化の話は出ていますが、先日、世界で最も権威ある医学誌「New England Journal of Medicine」の10/5号に掲載された。

米国ボルチモアにあるジョンズホプキンス大学で行われた臨床研究で、ブタクサアレルギーの患者25例について検討された。
14例にはワクチンを週1回を計6回投与し、残りの11例には偽薬が投与された。当然ワクチン投与群と非投与群はランダム選択され、医師も患者もどちらを打ったか分からないダブルブラインド方式で行われている。

結果はワクチン投与群でくしゃみ・鼻水・涙目などのアレルギー症状が非投与群に比べて60%軽減した。ワクチン投与後2年後も初年度と同様に症状は有意に緩和されていた。


ブタクサを含めスギやらハウスダストやら各種アレルギーをもつ嶋田ですが、この論文はうれしい!
ただ症例数が25と少なく、信憑性にかける部分もある。今後更なる大規模なstudyを期待する。
スポンサーサイト
[ 2006/12/26 14:28 ] 医療一般/医療経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/95-1c60242d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。