スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

著書『国際投資へのパスポート』 

まだまだ仕事が山積みです。嶋田です。
欧米の株高は現在それ程過熱感はなくても、何となく将来のリターンについて期待薄な感覚を持って投資し続けていることも多いことでしょう。
分散投資は必要です。ボラティリティの比較的低い(高いかもしれない)先進国への投資がメインになるのも当然でしょう。
しかし、その一部を新興国(エマージング諸国)に投資することも分散効果、あるいは退屈な先進国パッシブ投資の刺激として十分意義のあることのように思います。

そこで今回はMark Mobius氏の著書『Passport to Profits(邦題; 国際投資へのパスポート モビアスの84のルール)』をご紹介します。
テンプルトン・アセット・マネジメント代表でETF投資メインの方でもその名を知っている方は多いでしょう。
彼の紹介代わりにBloombergの記事をご参照ください。
『国際投資へのパスポート』の邦訳は2000年発行とやや古くなった感はありますが、その核の部分は決して古くなることなく、むしろ今読んでもとても刺激的で示唆に富んでいます。
内容はとくにロシア・バルト・アジアなど新興国市場への投資が主題で、副題にもあるように84のルールとして彼の強い信念をうかがい知る事が出来る。

モビアスのルール57;他の皆が参入したがっているときに撤退すること
モビアスのルール58;他の皆が撤退だと叫んでいるときに参入すること


通常の心理ではできない、あるいはやらないことで利益を生み出してきたマークモビアス氏の著書は必見です。

また相互リンクさせていただいているkz@銅鑼湾さんのブログからマーク・モビアス氏の講演(2007/1/27)のチケットを購入することが出来ます。是非ご覧ください。ブログ内容も充実しています。

僕も行きたいけど、すでに仕事が入っていて厳しい。誰か代わってくれ~。


スポンサーサイト
[ 2006/12/12 23:54 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/88-d2510ba6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。