スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

著書『敗者のゲーム』 

今回はCharles D. Ellis(チャールズ・エリス氏)の著書『Winning the Loser’s Game(邦題; 敗者のゲーム』をご紹介します。
あまりにも有名なので紹介するまでもないとも思いますが。
エリス氏は現在、インデックスファンド最大手のバンガード社の社外取締役を務めており、我々の投資の鍵を握る人物のひとりです。
この著書はタイトルが全てを象徴しており、株式投資の本質をたった日本語6語で言い当てています。株式投資は勝つものではなく、負けないようにする戦略を説いています。本文中にはテニスを例にとって、プロのテニスプレーヤーと素人の対戦ではほとんど全てが素人のミスによる得点でプロが勝利すると言っています。

株式投資でも同様でしょう。
我々は金融のプロではない、プロでも市場に打ち勝っていくのが至難の業であるのに素人の我々はプロどころか市場にも勝てない。最初から敗者であるわけです。
ではどうすべきか?市場と引き分ければいい、ということです。

このことを著者はいろいろなエピソードを交えながら、やさしく解説しています。 我々のインデックス投資はまさに市場と引き分けをすることを目標としています。
是非、一読して下さい。では。


スポンサーサイト
[ 2006/11/21 12:19 ] 書籍 | TB(1) | CM(10)

こんにちは

先日はコメント・リンクありがとうございました。

さて、「敗者のゲーム」非常に為になる本だと私も思っております。
特にテニスを例にとった件はとてもわかりやすい(私の場合はゴルフで身にしみていますが)。
もう少し読み易ければ、さらに良いのですがね。
私もお勧めの愛読書です!
[ 2006/11/21 22:15 ] [ 編集 ]

>>じゅん@ さん

コメントありがとうございます。
私もゴルフはやりますが、たしかにテニスより良い例かもしれませんね。
もうお馴染みの著書なので今さらとも思いましたが、最近再読してやはり素晴らしい著書だと改めて思ったもので紹介させていただいた次第です。
貴ブログでいつも勉強させていただいております。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2006/11/21 22:44 ] [ 編集 ]

はじめまして

水瀬さんのブログのコメントを拝見しました。

「敗者のゲーム」-素晴らしい本ですね。投資の基礎に関しては、この本さえ読んでおけば、大きな失敗をすることはないのではないかと思います。私自身も、投資サイトとして良質であるかどうかを判断するために、この本について言及しているかどうかを一つの指標としております。

よろしければ、相互リンクをお願いできませんでしょうか?
ご検討ください。

PALCOM
[ 2006/11/23 12:04 ] [ 編集 ]

>>PALCOM さん

わざわざ当ブログまで来ていただき、またコメントまでいただきありがとうございます。
PALCOMさんのブログはスゴイです。
いつも拝見させていただいています。まさに僕はHSBC+BOOM派で非常に参考にさせてもらっています。

コメントでもありがたいのに相互リンクとはこちらからお願いしたいと常々思っておりました。
早速リンクさせていただきます。
今後とも勉強させてください。ありがとうございました。
[ 2006/11/23 12:50 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/11/23 13:21 ] [ 編集 ]

>>管理人のみ閲覧できます さん

ありがとうございます。たしかにスッキリです。
[ 2006/11/23 14:28 ] [ 編集 ]

相互リンクいたしました

相互リンクのご承諾ありがとうございました。
また、Pick-upにご紹介いただき、ありがとうございます。
目先のパフォーマンスに一喜一憂しない大人の海外投資ブログがあってもよいのではないかと思います。文字だけのブログですが、ご愛読いただければ幸いです。

今後とも、よろしくお願いいたします。
[ 2006/11/23 17:14 ] [ 編集 ]

敗者のゲーム

この本、僕も一冊持っています。そして年に一回目を通しますが、やはり良書だと思います。
同時に思うのが、この手の本を書くことが出来る西欧人の視点ってすごいなぁ。。。と言うことです。
日本人と違いますね。
[ 2006/11/26 18:56 ] [ 編集 ]

>>ゆうちゃんパパ さん

コメントありがとうございます。
私もこの著書を何度も読んでいます。そして読む度に違う箇所で唸らされています。良書の証拠ですね。
たしかに国内投資に関してこのような本は皆無ですね。いつか誰か書いてくれるのでしょうかねぇ??
[ 2006/11/26 23:40 ] [ 編集 ]

最近インデックス投資について、どうあるべきなのか、いろいろ考えていたのですが、書いた記事をトラックバックさせていただきました。
お手すきの時にでもご覧いただければ幸いです。
[ 2006/12/29 18:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/77-62e71121


インデックス投資はマイナーであるほうがよいが、過ぎてもいけない

過去の記事、2006/12/21 なぜ、インデックス投資はマイナーなのかを考える (その5) マイナーでいい2006/12/27 しぶしぶ、インデックス投資の「本質的な問題点」を語るにおいて、「インデックス投資はマイナーで
[2006/12/29 18:39] URL 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。