スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

流動的資産クラス 

こんばんは、Einthovenです。
アセット・アロケーションのうちの流動的資産について考えましょう。
流動的資産クラスは簡単に言えば、すぐ使えるMoneyのことです。
現金が必要なときには銀行でおろしますよね。いつ何時現金の必要性に駆られるか分かりません。

こういったMoneyは最低限レベルで確保し、投資として市場に晒してはいけません。
その金額は個人差があるでしょうが、多くの方は300-500万円くらいあればとりあえず大丈夫でしょう。
ではただ単に銀行の普通預金に入れておけばいいのでしょうか?

答えはNOです。

流動的資産クラスには円普通預金・現金のほか、MRF(money reserve fund)というのがあります。
これは証券会社に入金すると勝手にこのMRFに加入することになるアレです。

ファンドというからには一応、投資信託なわけで多くは信用度が高く、残存期間の短い内外の公社債およびコマーシャル・ペーパーに投資しているわけです。決算は毎日行われ、いつでも解約して現金化することができます。

投資信託ですが非常に流動性が高く、現金化しやすいので流動性資産クラスに入るわけです。では現金や銀行の円普通預金とどう違うのでしょうか?

まず、現金は金利がつきません。デフレでない限り購買力は日々減っていきます。しかし、信用度という意味では最も高くなります。銀行に預けていてその銀行が破綻すれば1000万円以上の部分は返ってきません(ペイオフ)。
ちなみに投資信託であるMRFはその証券会社が倒産しても元本は保証されています。しかしMRFは投資先の破綻の際は損失が出る可能性を少ないですがはらんでいます。
その点は知っておく必要があるでしょう。一応、投資信託ですから。

私はその時必要な現金、または銀行の最低預け入れ金額(それ以上預けていないと口座維持手数料が発生する)、それと受けたいサービスに必要な残高(ATM利用無料やCITIBANKのCITIGOLDなど)以外はMRFとするのが有効だと思います。
ちなみにCITIBAMKにはいろいろ活用法があるので後日紹介しますね。

最近、ゼロ金利解除されましたが銀行はまだまだ目に見える金利ではありません。
これは銀行の金利は日銀の公定歩合の反映するのが遅いからです。それに比べるとMRFの方は感度がよく多少金利が高いです。
今後、徐々に金利上昇局面に入るでしょうが、MRFのほうが早くその恩恵にあずかれるわけです。
ただ、リスクに関してはそれぞれ少ないですがあるということをお忘れなく!

今後、具体的な銀行選び、証券会社選びも考えましょう。
では。
スポンサーサイト
[ 2006/09/03 00:19 ] 預金(円・外貨)/MMF/MRF | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/7-604a605e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。