スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クロスカレンシー手数料優遇 

おは、嶋田です。
シティバンククロスカレンシー手数料優遇の解釈について言及します。

これは外貨Aから他の外貨Bに両替するときの手数料優遇制度です。通常は一度、円に戻してから行われるこの両替は甚だ高コストです。
CITIBANKに2000万円以上の金融資産を有していると、この手数料が70% OFFされるというものです。

はっきり言って非常に外貨運用を有益にします。
外貨はその時勢で割高だったり、割安だったりするわけです。
ニュースでは対円のレートしか報じませんが、外貨A対外貨Bのレートも当然存在します。円とは関係ないところでこの比率は決定します。

つまり、割高な通貨を多く保有していてある通貨が下落したとき、円からでなく保有している割高通貨から両替すればいいというわけです。
しかもその手数料は70% OFFであり、強烈に安くなります。
長期的にはいろいろな通貨を自在に操れる、為替ディーラー?のようなことで有効な投資ができるわけです。

当然、外貨FXほどまではコスト軽減にはつながりませんが、外貨MMFよりは安くなると思います。ちなみにCITIBANKの金利は低いので、あくまで利便性の問題ですね。
もちろん安易な両替は禁物ですが、暴落が起こったときにはアリでしょう。暴落後、特別な原因がなければ平均へ回帰しますからね、きっと。

スポンサーサイト
[ 2006/11/05 09:04 ] 国内銀行/海外バンク | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/67-b65ea8e5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。