スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

著書『ヤバイぜっ! デジタル日本』 

おつ、嶋田です。
『ヤバイぜっ! デジタル日本』を読んだ。
自他共に認める何をやってるかわからない人、ハイパーメディア・クリエーター高城剛氏の著書です。約10年前の前作『デジタル日本人』を読んだときは、『へえー、へえー』みたいな印象だったのが今回は『ほー、ほーう』って感じでした。

あまり伝わらないですね。
この本で言いたいことはデジタル、ITの時代は終わった、次は何なの?ということのようです。結論から言えば、次に来るのはサブタイトルにもなっている『ハイブリッド・スタイル』らしいです。

これは新たに新しいものの創造ではなく、既に確立したものを複合することで新たな価値を見出そうということのようです。特にこれ自体は別に『ほー』とはならないわけですが、僕が反応したのはこの文中にある『マルチスペシャリストの時代だ!』というところですね。
著者はもちろんtechnology的な部分でこの言葉を使っているわけですが医師においてどうでしょう?
確かに『医者+弁護士』『医者+作家』『医者+政治家』みたいなマルチスペシャリストはそれなりに目にします。
ただ、そういうことではなく医師は現代において、細分化された専門分野に重きを置きすぎているように思うわけです。医師は当然症状を有している人を目の前にすれば、話を聞き診察し検査をして診断します。病名がつけば治療に移るわけです。

つまり医療の根幹は診察診断学+治療学で成り立っているわけです。
日本の現代医療は後者の治療学にかなりのウエイトが置かれ、前者は軽視されているところがあると思います。
僕にとってのハイブリット、マルチスペシャリストとは初期医療における診察診断学をマルチに行える医師のことです。

こういう医師が最近とくに少ないように思います。
治療学というのはイコール技術的なところがありますから、人類の貪欲さを考えると歯止めをかけることはできません。

医療経済の抱える諸問題も多くは治療学においてだと思いますが、診察診断学を簡便かつ正確に行える医師を増やすこと、そのためのツールを作ることは非常に有意義であると感じます。
ちょっと話はあらぬ方向へ行きましたが、発展した解釈として本著書の紹介とさせていただきます。

著書はamazonで↓

スポンサーサイト
[ 2006/11/02 00:25 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/63-f9e7808b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。