スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新生銀行と大和証券 

おひさ~
Risarisaです 研究室にこもりっ切りで頭がドリフなの

ちょっとはコメントしなきゃ、と思って。

新生銀行について少し調べてみました。主にCitiBankとの比較ということになりますが、わたしが考える限りCitiBankの方が使い道が多いというか、有益だと思います。

CitiBankの魅力のところでお話しましたが、海外送金に関して新生銀行では一律1件4000円でCitiGoldなどのようなサービスはありません。
一応、新生ウェルスマネージメントというのが資産総額1億円以上で対象になるようですが、特に内容は専任のアドバイザーがつく程度であまり使えませんね。
少しだけ有用かなと思えるのは、国内他行宛の振込みが月間5回まで無料であるという点くらいでしょうか?

大和証券はどうでしょう?
ここでは必然的に野村證券との比較になると思いますが、Einthoven先生のところであった資金流通ルートとしてもあまり効果がなく、債券種類・取り扱い数ともに野村證券と同等だと思います。
やはり総合的に見ても野村證券のほうが有用であるように思います。
また、気づいた有益な点があれば随時書き加えますね。

早く、お風呂に入らなきゃ
スポンサーサイト
[ 2006/10/31 19:23 ] 国内銀行/海外バンク | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/61-27e81574





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。