スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

海外ETFがとうとう... 

まいど、当直明けの嶋田です。
今日はかなりうれしいNEWS!
10/19から、とうとうネット証券でも海外ETFを買える時代に突入する。先陣を切ってくれたのは楽天証券。
今までも一応大手証券会社で海外ETFを購入することはできたのですが、初期コストが高すぎ!コスト削減のためネット証券での取り扱いを多くの方が切望していたことでしょう。

僕も再三、証券会社数社に要望してきました。念願叶ったって感じです。

今回登場した海外ETFはI-Shares S&P500 Index Fund(米国), NASDAQ 100 Trust Series1(米国), Tracker Fund of Hong Kong(香港), Hang Seng H-Share Index ETF(香港)の4本。
コストは米国・中国株式販売手数料と同額で楽天証券では米国株式1取引につき31.5ドル、中国株式10万円以下=525円、10万~100万円=0.525%、100万円以上=5250円の販売手数料である。

それなりの額のETFを一度に購入すればインデックスファンドよりコストは早期に軽減されるだろう。
ちなみに信託報酬はS&P500指数連動で0.09%、ハンセンH株指数連動で0.6%(変動あり)となっている。

今後、やはり期待すべきはEトレード証券。販売手数料が魅力でかつ、より分散の効いたindex(Wilshire5000やMSCIなど)のETFが出ればbest。
楽天証券の対応には非常に感謝している、各社も続くことだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/46-727dd093





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。