スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

史上最お得なANA運賃が登場ですって(2009/1/9) 

嶋田です。年明けから市場は横ばいから上昇の兆しをみせています。
そろそろ行きますか? 債券売って株を買う、債券売ってインフレ連動債を買うなんて。デフレ懸念なんのそのです。

さて、最近ピックアップが多くなってきた日経WagaMaga。今回は「、「That's ANA マニュアル 公式ガイドブック 」の著書である鳥海高太朗氏の記事になります。前回、凡庸記事でガッカリさせてくれた彼はまたやってくれました。やれやれ。以下に一部引用します。

史上最お得なANA運賃が登場 (日経WagaMaga)

・ANAの国際線では普通運賃以外に、ビジネスクラスの正規割引運賃「ビジ割」とエコノミークラスの正規割引運賃「エコ割」があり、2008年10月からは新たにさらにお得度の高い「スーパーエコ割」が登場しました。これまでの「エコ割」を上回る割引率が設定されていて、今一押しのリーズナブル運賃と言えます。
・欧州便で6、7万円、アジアなら2、3万円という価格設定(燃油サーチャージや空港税などの諸経費を含まず)はかなりお得感があります。しかも、空席率(予測)が高いほど、価格が安くなる仕組みも導入されています(一部路線は対象外)。予約時点で弾き出す予測空席状態を基準に、運賃タイプが変わる新手法です。パソコンや携帯電話で予約・購入すると、「WEB割」が適用されて、最大で4000円も安くなるのもありがたいところです(出発日前日まで)。ただし、マイレージを使ったアップグレードは申し込めないのは、「エコ割14」と同じです。マイレージへの換算率も同じく70%です。購入後の予約変更はできません。


・羽田空港からANAで海外に行けることを知らない人がまだ結構いるようです。成田空港からしか国際線が離発着していなかったのは昔の話。今はANAがソウル(金浦)、上海(虹橋)、香港の3路線を飛ばしています。しかも、ソウル、上海便に関しては、成田便にはない隠れたメリットもあるのです。成田から飛ぶソウル便は仁川(インチョン)空港に着くのが普通です。2001年に開港した国際空港ですが、それまでのソウルの空の玄関だった金浦(キンポ)空港に比べると、ソウル市中心部からは距離が離れています。金浦の方がソウル市中心部には近いのです。仁川の半分程度の時間で着きます。地下鉄も乗り入れていて、市内へのアクセスは良好です。
・羽田-香港線は2008年4月に就航したばかり。午後8時台に羽田を飛び、深夜に香港へ着く便ですから、香港での時間をフルに生かせます。仕事帰りに羽田へ向かうプランも組みやすい便です。加えて、香港から午前1時台の深夜発で、羽田には午前7時前に着くので、そのまま出勤することも可能です。

確かに「スーパーエコ割」って安いんですけどね。記事自体がすげー普通すぎて、何も言えねぇ。
詳細は>> 往復便でこの価格!スーパーエコ割

彼のことが知りたい方は以下のリンク先に飛んでください。
・エアチケット・マイレージ (All About)
・きまぐれトラベル日記 (鳥海高太朗さんの個人ブログ)
スポンサーサイト
[ 2009/05/31 09:51 ] 海外生活/Air lines | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/438-b13c582d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。