スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Cadetto 冬号が届いた(2008/12/26) 

おはようございます、嶋田です。
NIKKEI特集で「ETFのABC」なんてのがあります。「投資信託にだまされるな!本当に正しい投信の使い方」の著書である竹川美奈子氏の記事です。ゆる~くETFの解説がされています。ちなみに「海外ETF.com」なんていうサイトもあったりして、今はなき?「ETF@fan」の後を継いでいただきたいとも思います(笑)。

さて、ネタが無いときには重宝しているNIKKEI Medical「Cadetto」の冬号が届きました。特集は「医師増産 YES or NO?」なんてことで、とりあえず「NO」と言っておきましょう。

記事内容はいつも通りのアンケートです。医学生を含めた2200人程度の母集団のようです。パッと見る限り有意な差はないようで、ほぼ意見の割れるところなのでしょう。反対派のmain reasonは「将来への不安」なんです、良く分かります。医師という職業を生業とする者としては当然の話です。
まず現状の勤務医労働環境を良くすることが何よりも先なんです。それはまず「数」ではなく「報酬・待遇」であると多くの医者が思っているはず。労働やリスクに見合う報酬・待遇があれば、かなり多いと思われる潜在医師が湧いて出てくるはずだと思いますが。。
まぁ役人とかに分かるはずもありません。では。
スポンサーサイト
[ 2009/05/28 23:15 ] 医療一般/医療経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/432-4621fac0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。