スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

全日空(ANA)を知って使い倒す(2008/12/23) 

おはようございます、嶋田です。
巷では今日は祝日だそうで。。天皇誕生日ということですが、天皇陛下の体調はあまりよろしくないそうな。うむー、AFなんでしょうか。

さて、最近彼のおかげで知った日経Wagamaga。今回は彼の記事ではなく、「That's ANA マニュアル 公式ガイドブック 」をまとめた航空サービスアナリストの鳥海高太朗さんの記事になります。以下に一部抜粋します。

全日空(ANA)を知って使い倒す (日経WAGAMAGA)
・知識がないと、損をする--。エアライン(航空会社)のサービスではこれが鉄則です。もちろん、どのサービスもおおむね全搭乗客に平等に提供されてはいます。しかし、シートのアップグレードにせよ、ラウンジの利用にせよ、原則的には自分から行動を起こす必要があります。つまり、そのサービスが存在すること、自分がその権利を持つことを、あらかじめ理解していなければなりません。だから、知らないと損をするわけです。
・とりわけうまみが大きいのが、アップグレード特典でしょう。エコノミークラスからビジネスへ、ビジネスからファーストへ上げれば、機内での過ごし方が全然変わってきます。もともと下のクラスのシートを購入しているので、特典航空券ほどにはマイルを必要としないにもかかわらず、得られる満足感は大きいので、消費マイル当たりのコストパフォーマンスは抜群です。
・ ただ、ここで知識が物を言います。実はすべてのエコノミークラス航空券がアップグレード特典の対象というわけではないのです。最も割引率の高いエコノミークラスのチケットはビジネスクラスへのアップグレードが認められないことが多くなっています。空港のカウンターで押し問答しても無理です。最初から「対象外」と決まっているのです。
・現在(2008年12月19日)のルールでビジネスクラスへのアップグレードが認められているのは、「エコ割スタンダード」以上の運賃です。これより下の運賃は、たとえ同じエコノミークラスのキャビンにあるシートでも、ビジネスクラスへのアップグレードは受け付けてもらえません。つまり、最初に予約・購入する段階で、最低でも「エコ割スタンダード」以上を選ぶことが、アップグレードの前提条件となるわけです。
(引用終わり)

ん~、何も言えねえ。すげー、普通だ。きっと彼の本領はこんなもんではないと思うが、この記事はあまりにも普通の話でガッカリしました。「That's ANA マニュアル 公式ガイドブック 」をゲットしてみようと思います。では。
スポンサーサイト
[ 2009/05/28 23:14 ] 海外生活/Air lines | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/431-98016668





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。