スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プラチナカードの「実力」を問うですって(2008/12/19) 

おはようございます、米ドル安よりもポンド安にしか目が行かない嶋田です。
また、「あの人」が記事を書いてくれました。彼がいる限りネタ不足は解消されます。キモイけど感謝、感謝。以下に抜粋引用します。

プラチナカードの「実力」を問う (NIKKEI WAGAMAGA)

・プラチナの会員専用に「プラチナ・サービス・センター」が設けられ、専任スタッフが応対している「信用力格差社会―カードでわかるあなたの経済偏差値」を書いた消費生活評論家の岩田昭男さんは「アメックス・プラチナのサービスは、ゴールドとはけた違い。ゴールドは何万人もの会員の電話問い合わせを、一括してゴールドデスクで受けているが、プラチナは専用スタッフ。ゴールドは『その他大勢』扱いだが、プラチナは『上顧客』としての待遇を受けられる。出張や旅行で活用すれば、年会費の価値はある」と見る。もちろん、財布からカードを取り出したときの誇らしい気分はプライスレスだ。

・ただ、海外空港でラウンジが利用できるプライオリティパス(Priority Pass)の提携サービスはアメックスではプラチナとセンチュリオン会員だけが利用できる。海外の主要空港や成田空港でゆったりラウンジで過ごせるだけに、出張や旅行の多い人はぜひとも利用したい、優越感の味わえるサービスだ。このサービスを求めて、ゴールドからプラチナに格上げする人もいるという。

・しかし、このプライオリティパスはアメックスのプラチナを持たなくても使える。クレディセゾンがアメックスと提携して発行しているカード「《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」がそれだ。会員専用のコールセンターも用意されている。それでいて年会費は2万1000円と、アメックスプラチナより格段に安い。三菱UFJニコスが発行しているアメックス提携のMUFGカードにも、プライオリティパスのサービスが付いた。主な取引銀行が三菱UFJ銀行である場合は、ポイントを貯めるメリットから、こちらを選ぶという手もある。「プラチナ」とはちょっと別種の、1万円台の年会費ながら、「楽天カードプレミアムカード」もプライオリティパスの利用をサービスに加え、プライオリティパス目当てであれば、かなり選択肢は広がった感がある。プラチナ級カードにはほかにも「三井住友VISAプラチナカード」「JCBザ・クラス」「シティプラチナカード」などがある。
(引用終わり)

そりゃそうなんですけど。。今回はいつものキモさが足りません。普通すぎます、残念。当ブログでも何度か取り上げているプライオリティパスですが、ANAスーパーフライヤーカードがあれば基本的にいりません。プライオリティパスの権利だけほしい人は「楽天カードプレミアムカード」ですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/428-558f311c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。