スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

"モノ"を上手に使いこなす 

あり得ねー!と思いながらも全部見てしまいました、意外に研修医時代は熱血ドクターだった嶋田です。ミスチルの曲のせいかもしれません。


勝手に郵送されてくる「日経メディカル」9月号の最後の方に「"モノ"を上手に使いこなす」なんて記事があります。パフォーマンス学なんて学問の存在は知りませんでしたが、日芸の教授の記事です。

1. 医師の服装は、患者への敬意の表れです。
2. 足元にご用心。靴はいつもきれいに磨いておきましょう。
3. 眼鏡などのセンスの良い小物にも、信頼感を高める効果が。

なるほど~。ふむふむ、メモメモ。
聖路加国際病院のGreat masterも「医師にとって最も大切なのは、コミュニケーション能力じゃよ。」と言ったとか言わないとか。上記の1~3もコミュニケーションであるということはあまり意識していませんでしたが、1に関してはうなりました。
嶋田はカラーシャツに地味めなネクタイでマダムを魅了するように心がけているわけですが、これからは「敬意」という言葉を使うようにします。開業医の皆さんはすでにこういう視点で診療しているのだろうと思いますが、未熟な僕には新鮮な話でしたので記事にしてみたわけです。では。

↓首位キープ!医師ブログランキング参加中!
医師ブログランキング医師ブログランキング
↓人気ブログランキング参加中!こちらもお願いしますm(_ _)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
[ 2008/09/12 00:06 ] 医療一般/医療経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/381-f6727a9e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。