スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コモディティ(3) 

Einthovenです。
コモディティの続きです。
本日は5つのコモディティファンドをご紹介します。

①ソシエテジェネラル・商品新時代
販売手数料なし(オンラインでない場合1%)・信託報酬等3.2%・信託財産留保額0.3%
三貴商事がSGと信託契約し販売しているRICIをベンチマークとする商品ファンドです。最低買い付けが10万円からと下記の大和証券のものより低価格からの購入が可能です。
オンライン購入なら販売手数料が無料と一見目を引きますが、よく見てみると信託報酬0.5%、ゼネラルパートナー管理報酬1.7%、諮問会社管理報酬1.0%、その他(監査費用等)あり、とんでもなく維持コストが高く、しかも為替ヘッジありです。
残念です。詳細は三貴商事から。

②ダイワ・コモディティインデックス・ファンド(ジム・ロジャース世界探検記)
販売手数料2.1%・信託報酬1.405%・信託財産留保額なし
RICIをベンチマークとした商品インデックスファンドです。最低買い付け価格が500万円からとかなり高い設定になっています。
販売手数料は買い付け額で異なり、1000万円以下は2.1%、10億円以上なら0.525%となっています。大和証券で購入できますが、詳しくは目論見書をご参照ください。

③日本投信・コモディティ・インデックスオープン
販売手数料3.15%・信託報酬1.3125%・信託財産留保額0.3%
日本投信のDJ-AIGCIをベンチマークとしたユーロ建て商品ファンドです。Eトレード証券では最低1万円から購入できます。
まだまだコストが高いですね。

④住信・コモディティ・インデックスオープン
販売手数料3.15%・信託報酬1.4175%・信託財産留保額0.3%
住信アセット・マネジメントのGSCIをベンチマークにした円ベース商品ファンドです。
Eトレード証券などで購入できます。
積み立てができるのが特徴です。

⑤ニッセイ・コモディティファンド
販売手数料2.1%・信託報酬1.26%・信託財産留保額0.3%
ニッセイアセット・マネジメントのGSCI light指数をベンチマークにしたUSドル建て商品ファンドです。
マネックス証券などで購入できます。現在ある商品ファンドのコストでは最安値と思われます。
それでも高いです。
マネックス証券では少し前までノーロードキャンペーンをしていた商品です。
次回に期待しましょう。

*ライジングサンさんからのコメントでコスモ証券にAIGコモディティファンド;Naturemade(ネイチャーメイド)を追加させていただきます。
(2006/11/11 嶋田忠信)

AIGコモディティファンド(愛称:ネイチャーメイド)
販売手数料1.575%・信託報酬1.26%・信託財産留保額0.3%
エイアイジー投信投資顧問のDJ-AIGCIをベンチマークにしたUSドルベース商品ファンドです。毎月分配型。コスモ証券で購入できます。

まとめると、まだまだコストの面でかなり割高です。
インフレヘッジと割り切って投資するなら投資対象としてはアリでしょう。今後のコスト低下に期待しましょう。

ジム・ロジャース来日講演DVD


スポンサーサイト

コモディティファンドの比較をしてみました。

初めまして、ライジングサンと申します。
コモディティファンドについて調べる過程で、こちらのブログにたどり着きました。

私もコモディティファンドを色々調べてみたのですが、最終的にはAIGコモディティインデックスを指標とするファンドが良いと判断し、中でも手数料1.575%、信託報酬1.26%のコスモ証券のAIGコモディティファンドが今のところ良いように思います。

比較記事URL:
http://blog.livedoor.jp/risingsunsnext/archives/cat_50015484.html
[ 2006/11/10 23:32 ] [ 編集 ]

>> ライジングサン さん

はじめまして、早速記事を拝見させていただきました。
そうですね、コスモ証券のAIGコモディティファンドのことは知りませんでした。貴重な情報ありがとうございます。

確かに販売手数料に関して最も安いようです。ベンチマークもDJ-AIGですし、いいですね。
ただ、毎月分配というところは引っかかりますね。日本投信コモディティ・インデックスオープンと比較すると、販売手数料、信託報酬の点ではAIG。分配に関しては年1回の日本投信に軍配があがります。
うーん、でも明らかなコスト軽減はライジングサンさんのいうAIGですね。

非常に勉強になりました。今後もよろしくお願いします。
(嶋田忠信)
[ 2006/11/11 00:33 ] [ 編集 ]

確かに私も分配はいらないなぁと思いました

こんばんは、コメント有難うございました。
確かに私もその点が引っかかりました。長期で寝かせるのであれば、複利の効果こそ無視できないという認識です。

ただ、妥協点としては、下記のリンクにもありますとおり、AIGコモディティファンドには「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」の2つのコースがあるようです。

参照URL(AIGコモディティファンド概要):
http://www.aiggic.co.jp/fund/naturemade03.html

個人的には、コスモ証券でファンドを購入し、「分配金再投資コース」を申し込もうと思っています。

PS.
こちらもリンクをさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2006/11/11 01:35 ] [ 編集 ]

>> ライジングサン さん

そうですね、分配金再投資なら大きな損失にはならないでしょうね。リンクありがとうございます。
[ 2006/11/11 02:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/36-b76df04e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。