スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日経メディカル オンライン・ポイントプログラム開始 

嶋田です。
イートレで貸し株サービス開始すると相互リンク先の「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」や「投信で手堅くlay-up!」で知りました。これはうれしい。これで塩漬けの株から金利が出ます。

さて、僕もたまに見る日経メディカルオンラインでポイントプログラムが始まるようでEメールが来ました。以下に引用します。

【日経メディカル オンラインから重要なお知らせ】
ポイントプログラムを開始します。
日ごろは日経メディカル オンラインをご愛読いただき、ありがとうございます。本日は、日経メディカル オンラインが医師会員の皆様を対象にスタートいたしますポイントプログラムのご案内のために、メールを差し上げました。
日経メディカル オンライン・ポイントプログラムは、「日経メディカル オンライン」の(1)特定のコンテンツの閲覧、(2)特定の調査・情報登録へのご回答に対して、ポイントを付与する、医師会員限定のサービスです。ポイントが、500ポイント以上貯まると、全国共通図書カードまたは全国共通ギフト券と交換できます(1ポイントは1円相当)。なお、ここでいう情報登録とは、アンケート形式の設問にご回答いただいた結果を、当該回答者を対象としたコンテンツ作成、メール配信等に活用させていただくものです。
ポイントプログラムとそれに連動した新サービスの詳細については、こちらをご覧ください。
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_20247_24795_1

なお、このサービスを必要とされない方は、いつでも退会することができます。日経メディカル オンライン医師会員資格を保持したまま、ポイントプログラムのみ退会することが可能です。こちらよりご連絡ください。
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_20247_24795_2

来月から、このポイントプログラムの仕組みを利用して、医師会員の方々に、これまで以上に便利で有益なサービスを提供していきます。日経メディカル オンラインをより一層、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

(引用終わり)

医師のポイントプログラムといえば学会認定医・専門医の更新に必要な単位制度か、エムスリーのポイントプログラムくらいなものです。明らかに後者を意識してつくられているものと思いますが、医師にとって悪い話ではありません。
医学書は非常に高いです。数万円の本を年に何冊も買うこともありますし書籍代は投資関連の書籍の比ではありません。僕はエムスリーで月に数千円のアマゾンポイントを、アマゾンアフィリエイトで月に数千円のアマゾンポイントをゲットしています。年間にすると数万円になるでしょうか。
意外と大きい額ですね。これに今回、日経メディカルオンラインの図書券なんか加わるとさらに僕は助かることになります。
まぁセコイ話ですが、悪い話ではありません。この手のサービスはどんどんやってほしいものです。では。

↓このブログの順位は?医師ブログランキング参加中!
医師ブログランキング医師ブログランキング
↓人気ブログランキング参加中!励みに1票よろしくお願いいたしますm(_ _)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
[ 2008/04/29 18:37 ] 医療一般/医療経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/322-0ee80562





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。