スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

糖尿病管理は女医に任せろ? 

嶋田です。ダルいです。
昨日からの雨とか風とかで高層階に住む僕としては衛星放送の映りが悪くイラついてました。だからと言って地上波では長寿医療にマスコミがゴチャゴチャ言ってますが、ツボが抑えられておらず感情的で見ててイタイです。
あとNorthern Exchange Traded SharesがTOPIX Index Fund(TYI)をNYSE Arcaに上場したようです。出来高はおなじみの100です。

何となく日経メディカルオンラインなんかを見ていたら、牧瀬洋一氏のブログに「2型糖尿病患者の管理は女性医師の方が長けている」っていう文献が紹介されてました。へぇ~。
文献はJ Intern Med 2008のPhysician gender is associated with the quality of type 2 diabetes careで文字数稼ぎにAbstractをコピペしてみます(笑)。

Abstract
Objectives. Patient gender influences the quality of medical care whilst the role of physician gender is not well established. To investigate the influence of physician gender on quality of care in patients with type 2 diabetes.
Design and methods. Cross-sectional study in 51 053 outpatients (48.6% male), treated by 3096 office-based physicians (66.3% male; 74.0% general practitioners, 21.8% internists and 4.2% diabetologists). Outcome measures included processes of care, intermediate outcomes and medical management. Quality of care measures were based on current ADA guidelines. Hierarchical regression models were used to avoid case-mix bias and to correct for physician-level clustering. Adjusted odds ratios were calculated controlling for age, gender, disease duration and presence of atherosclerotic disease.
Results. The patients of female physicians were more often women, more obese, older and had more often atherosclerotic disease (34% in the total cohort). The patients of female physicians more often reached target values in glycaemic control (HbA1c < 6.5%; OR 1.14; 1.05–1.24, P = 0.002), blood lipoproteins (LDL-C < 100 mg dL−1; OR 1.16; 1.06–1.27, P = 0.002), and blood pressure (systolic values < 130 mmHg; OR 1.11; 1.02–1.22, P = 0.018). They were more likely to receive antihypertensive drug therapy in general (OR 1.35; 1.24–1.46, P < 0.0001) and angiotensin converting enzyme (ACE) inhibitors in particular (OR 1.17; 1.09–1.25, P < 0.0001). The patients of female physicians less often performed glucose self-monitoring (OR 0.83; 0.76–0.91, P < 0.0001) and less often received oral hypoglycaemic agents (OR 0.88; 0.82–0.95, P = 0.001).
Conclusions. Physician gender influences quality of care in patients with type 2 diabetes. Female physicians provide an overall better quality of care, especially in prognostically important risk management.

フムフム、フルテキスト読んでないので良く分かりませんが女性医師の方がHbA1c、LDLコレステロール、収縮期血圧なんかについてコントロールが良いらしい。ただ女性医師の患者は女性が多かったらしいけど。。nは多めで>50000pts。女性医師の方が血糖コントロールを良くできているのに経口血糖降下剤の使用が少ないというのはどういうことでしょう。体重変化なんかについては書かれていないけど食事・運動療法がうまいということかなぁ。。うーん。気になるのでフルテキスト読んでみます。
まとめると、(ドイツでは)女性医師の方が2型糖尿病患者にoverall better quality of careができているのではないかということです。日本においてはどうでしょう。では。

↓現在の順位は?医師ブログランキング参加中!
医師ブログランキング医師ブログランキング
↓人気ブログランキング参加中!励みに1票よろしくお願いいたしますm(_ _)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
[ 2008/04/18 10:22 ] 医療一般/医療経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/318-68c4fdec





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。