スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医師採用困難な法人が9割弱 

おはようございます、嶋田です。
今年もそろそろ終わります。年末年始皆さんはいかがお過ごしですか?僕は既にフルスケジュールです。やれやれ、相変わらず労働所得が収入の大部分を占めているので仕方ありません。

さて、キャリアブレインのCBニュースに〈医師「採用困難」な法人が9割弱〉という記事があります。
以下に引用します。

医師の増員を希望している医療法人が全体の8割を超える一方、9割弱が「採用が困難」な状況にあることが、日本医療法人協会がこのほどまとめたアンケート調査の結果から分かった。
アンケート調査は全国の1,181法人を対象に実施。医師の増員の意向や募集方法、採用実績などを聞き、411法人が有効回答した(有効回答率34.8%)。
結果によると、医師の増員を希望しているのは全体の81.8%にあたる336法人。診療科別では、内科249法人(平均希望人数1.68人)、整形外科132法人(同1.33人)、精神科89法人(同1.38人)などで多かった。産科、小児科での増員を希望するのは、それぞれ31法人(同1.19人)、25法人(同1.56人)だった。
医師の募集方法では、「大学医局に依頼」が325法人で全体の79.1%を占めた。このほか「紹介業者に依頼」が261法人(63.5%)、「友人・知人に依頼」が202法人(49.1%)、「新聞・雑誌等で公募」が92法人(22.4%)などだった。
一方、医師の「採用が困難」なのは362法人で、全体の88.1%を占めた。採用が困難な理由を聞いた結果(複数回答)は、「大学から派遣を断られる」が259法人(採用困難な法人の71.5%)と「公募しても応募がない」が235法人(同64.9%)だった。
また、退職医師2,679人分の退職理由を聞いた質問では、最多の「他病院に移籍」(42.1%)と「大学に戻った」(37.1%)の2つで全体の約8割を占めた。

(引用終わり)

【Ad】フリーランスになる前に民間医局 by メディカルプリンシプルに登録することをお薦めします。医師転職・アルバイト検索に関して(過去8年間の契約経験上)システムの整った最も信頼できるエージェント会社だと思います。医師1人に対して固定の担当エージェントがつきます(無料)。常勤・非常勤・スポット求人案件数も日本最大級です。 >> 医師登録はこちらから

既に「大学からの派遣」と「紹介業者からの派遣」が肩を並べつつあるわけですね。縮小傾向と拡大傾向と明らかに傾向も違うことから早晩、紹介業者からの派遣がメインストリームということになるでしょう。このような売り相場+紹介業者介入によるマージン増加により、来年度のアルバイト先を検討している次第です。
このような状況ではかなりの高額契約もできるはずです。では。

↓人気ブログランキング参加中!励みに1票よろしくお願いいたしますm(_ _)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
[ 2007/12/28 10:38 ] 医療一般/医療経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/277-736db5b4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。