スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SBI資産設計オープンは予想外の良品 

嶋田です、またまたイートレの情報になります。
あまり期待していなかったSBIファンドバンク。なかなか良いです。
マネックス資産設計ファンドセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと競合する商品が登場します(リンク先はETF@fanになります)。

SBI資産設計オープン(愛称: スゴ6) 詳細PDF
販売手数料なし 信託報酬0.714% 解約留保金0.15%
アセットアロケーションは以下のバラ売り可能なインデックスファンドで構成されています。

住信-STAM TOPIXインデックス・オープン 信託報酬0.483%
住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン 信託報酬0.777%
住信-STAM 国内債券インデックス・オープン 信託報酬0.462%
住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン 信託報酬0.672%
住信-STAM J-REITインデックス・オープン 信託報酬0.672%
住信-STAM グローバルREITインデックス・オープン 信託報酬0.861%

*個別での売買も可能ですべてノーロード、解約留保金0.05%

バラ売り商品としても十分コストは廉価で魅力的ですね。つまり自分で配分を考えてもいいわけですが、定期購入額が小さい場合はそれらで構成されたバランスファンドであるSBI資産設計オープン(資産成長型)を購入することもいいでしょう。

アセットアロケーションは
20% 住信-STAM TOPIXインデックス・オープン
20% 住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
20% 住信-STAM 国内債券インデックス・オープン
20% 住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン
10% 住信-STAM J-REITインデックス・オープン
10% 住信-STAM グローバルREITインデックス・オープン

つまり株式:債券:REIT = 4:4:2 ということになります。
REITを含むバランスファンドではマネックス資産設計ファンドと直接の競合になりますが、コストは圧倒的にSBI資産設計オープンに軍配があがり、アセットアロケーションについては国内REITの割合が若干マネックスの方が多いですがあまり大差はありません。

【PR】良質なインデックスファンドと海外ETFの情報はETF@fanでご覧になれます。

マネックス資産設計ファンドのアセットアロケーターがイボットソン・アソシエイツであるというためのコストの上乗せであるという理解でもいいのかもしれません。またSBIの個別インデックスファンドの成績はまだ分かりませんが、連動するインデックスは問題なく今後ベンチマークから乖離してしまうトラッキングエラーが少なければ何の問題もない良いファンドということになるでしょう。
ひとつ残念なのはSBIの6つの個別インデックスファンドはすべて分配2回ということです。SBI資産設計オープン(資産成長型)の分配は年1回です。
海外ETFの取引も含めて、積み立て用にもSBIイートレード証券の口座開設をお薦めします。ちなみに既存の口座保有者はSBIファンドバンクに登録できないようです。では。

SBIイートレード証券の資料請求・口座開設はこちらから

↓人気ブログランキング参加中!励みに1票よろしくお願いいたしますm(_ _)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
[ 2007/11/16 11:04 ] 株式/株式投資信託 | TB(2) | CM(4)

TBありがとうございます。
トラッキングエラーについては運用が開始されないと分かりませんが、海外ETFへのリレー投資のためと割り切れば有益な商品になりそうですね。
[ 2007/11/16 19:55 ] [ 編集 ]

イートレ、グッジョブ!ですね

このコストはグッジョブ!
ただ、新規設定のインデックスファンドには、資産残高が集まらず途中償還という関門が待ち構えています。
はやく資産残高を積み上げて、安定運用の軌道に乗ってほしいと思います。
[ 2007/11/17 12:10 ] [ 編集 ]

>> うんぼぼさん

海外ETFへのリレーも含め、ひとつの証券会社で運用できるようイートレにもさらに海外ETFの充実をお願いしたいものです。
[ 2007/11/20 09:05 ] [ 編集 ]

>> 水瀬さん、コメントありがとうございます

これだけの良品であればまず問題なく、十分なnet assetになるでしょうね。これを機にイートレへのメインバンク移行もありえるでしょうか。
やはり海外ETFの更なる拡充がやはりキーになりそうです。
[ 2007/11/20 09:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/264-3ef0dafd


住信-STAM シリーズの優位性

Eトレード証券とその代行業者SBIファンドバンクにおいて、1月から取り扱われるこ
[2007/11/16 23:45] URL 20歳からの投信による資産形成

イートレ・マネックス・楽天、低コストインデックスファンド新規取扱開始競争

この11月、イートレード証券・マネックス証券・楽天証券で、それぞれ低コストなインデックスファンドの新規取扱開始のニュースが続々出ているようです。個人的に、アセットアロケ...
[2007/11/17 12:15] URL 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。