スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーランス/フリーター医師に関するアンケート結果(2) 

嶋田です。
前回FDに関するアンケート結果を公開させていただきましたが、その投票の半数には短いコメントもつけていただいております。今回はその辺りのいくつかについて触れてみようと思います。

>>【非常勤の方が給料がいいというのは間違ってます】(<FDにちょっと興味あるな~) 

そうですね、常勤勤務医からすればもっともな不満だと思います。ところでこの相場はいつどのように決まったのか分かりませんが、随分長い間横ばいであるように思います。
今後、非常勤医の給与相場は低下傾向との意見が多いようにも思いますが、僕個人的にはそうは思っていません。もちろん健診バイトといったところは既に低下傾向を示しているように思います。ただ専門知識をもった医師(専門医を含む)の需要は医療施設で増えているように思います。
さらに斡旋業者の台頭で医療機関側が支払う金額は上乗せされ、多くは2割程度、高いところでは3割増しとなっています。これは逆に言えば仲介業種によるマージン増加によって、医師に支払う総給与額は増加している可能性はあるでしょう。
僕としてもインセンティブ制度含め、常勤医の給与を上げモチベーションを上げることで現状の鬱々とした医療現場を活性化することは部分的にできるように思いますし、常勤医がヤリガイ・給与・休暇など総合的に満足できるような病院こそ今後残っていくのだろうとも思います。

またフリーランス相場(非常勤相場といってもいいかもしれません、フリーランスは非常勤勤務を週数回することですから)の今後に関しては、良く分かりませんが現状よりある程度の病院側の「選別」が入ってくるのだろうと思います。つまり医師側としては武器を装備し自分を雇用するとどういうメリットがあるということを明確に示すことで給与はより上がるのだろうと思います。既に一部の病院ではその武器を査定してくれるところもあり、給与に反映してくれることもあるようです。
また、仲介業者を介さない個人契約をすることでかなり高額契約を組むことも可能です。その際に武器をチラつかせることになります。


【Ad】フリーランスになる前に民間医局 by メディカルプリンシプルに登録することをお薦めします。医師転職・アルバイト検索に関して(過去8年間の契約経験上)システムの整った最も信頼できるエージェント会社だと思います。医師1人に対して固定の担当エージェントがつきます(無料)。常勤・非常勤・スポット求人案件数も日本最大級です。 >> 医師登録はこちらから


>>【FDへの流れは加速すると思います】(<FDに強い興味がある!)

たしかに一般的にそういう見解は多いように思います。ただ医師という比較的保守的な方の多くがFDになるとは思えません。27万人いる医師の中で正確な数字はないとはいえ現時点でも、かなりの数のFDあるいは準FDがいるのだろうともいます。現状のFDへの流れは勤務医の職場環境があまりに劣悪であるが故の結果だと思いますし、すぐには不可能と思いますが環境整備がある程度整えばFDから勤務医へという流れもできるのかと思います。
長くFDをやっているとやはりそれはそれで、疲弊してくるだろうと思います。ヤリガイも維持できないことも多いようです。FDは現状では一時的な避難場所なのかもしれませんね。


>>【ネガティブイメージが払拭されない今こそFDの旬です!】(<近々FDになるつもりだよ)

「旬」かどうか分かりませんが、認識は僕も同じです。ネガティブイメージの中には医局に所属しないことによるリスクの部分と、感情的なイメージの部分があるように思います。
別のコメントに【医局を離れても技術の維持が出来るかが不安】というものもあり、この辺りはFDに適した科目があることは事実だとも思います。FDに多い麻酔科をはじめ、需要供給を無視すれば内科・放射線科などは比較的適しているのだろうと思います。外科など多くの症例を経験しなければならない科目、診療・治療に大掛かりな設備が必要な科目は必然的に不向きということになるかもしれません。また一度身につけた技術を維持・向上していく技術系科目はなかなか難しいのかもしれません。ただ、適切に診断し治療可能な施設に紹介するということで自分にかかっているコストをペイすることができるなら、それでも可能と思います。
先の「不安」というコメントに象徴されるように、FDに対する認識に大きなリスクが織り込まれていることはあるのだと思いますし、だからこそFDの方が常勤医より相場が高いという結果になっているのかもしれません。
このリスクをどう捕らえるか、あるいはヤリガイをどこで得るかがFDを本気で検討する上では大事なことと思います。

↓まぁそうかもね、なんて思ったら1票よろしくお願いいたしますm(_ _)m
人気blogランキング
スポンサーサイト

no future?

フリーランスは、医師不足と低医療費政策が生んだあだ花だと思いますね。
病院側が本当に欲しいのは常勤医であるにもかかわらず、現実には医師不足のため常勤医は思うように集まらない。仕方なしにとりあえず撒き餌として好待遇で非常勤医を雇い、使えそうなやつを常勤に勧誘する。ただ、診療報酬は下落が続いており、常勤医にそうそう高給は払えない。そうなると、非常勤医にしてみれば常勤になるより非常勤を掛け持ちしたほうが有利なので、フリーランスが増えると。
今後ですが、診療報酬の減額が続き廃院する病院が増えると、フリーランスも常勤医も厳しくなりますね。と言うより、もはや保険診療に未来はないようにも思います。
[ 2007/11/02 21:49 ] [ 編集 ]

>>通りすがりの医師さん

コメントありがとうございます。

>診療報酬の減額が続き廃院する病院が増えると、フリーランスも常勤医も厳しくなりますね

さすがに来年度あたりの改定は増額に転じそうですね。ちょっと方向性がまだみえてきませんが。。
[ 2007/11/05 13:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/258-31bd97ed





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。