スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ANAマイレージクラブ・リニューアル(1)-新基準プレミアムポイント制 

嶋田です。
ANAマイレージクラブが2008年4月より大幅にリニューアルされます。僕にとっては改悪かな?変更項目が多いので何回かに分けて記事にしていきたいと思います。
 
まず新基準としてプレミアムポイント制が導入されるということです。これは現行の搭乗回数あるいはマイレージをポイント換算したプラチナ・ポイントにより、次年度のステータスが決まる方式を変更して

プレミアムポイント=
①区間基本マイレージ+②クラス運賃倍率+③路線倍率+④搭乗ポイント

という計算式によりなるプレミアムポイントで次年度のステータスが決定することになります。

まず搭乗回数制がなくなることから修行(短距離のフライトで搭乗回数を稼ぎ次年度プラチナ以上を目指す方法)ができなくなるということです。僕は既に今年度もプラチナでスーパーフライヤーカードに移行していますので、永久スターアライアンスゴールドメンバーですがこれから狙う人は敷居が高くなりますね。

では細かく見てみましょう。
①区間基本マイレージ: これは従来と同じですね。
②クラス運賃倍率: これも従来と同じく搭乗クラスに応じて基本マイレージが変わるという解釈でいいでしょう。
③路線倍率: これも従来どおり。国内線はx2、国際線は中国x1.5、他x1ということになります。

つまり今回のプレミアムポイント制のキモは④搭乗ポイントにあるようです。
搭乗ポイントは国内線の場合、例えば旅割・超割といった格安運賃制度の利用ではポイント加算はなく、特割までの割引運賃あるいは正規運賃なら1回の搭乗で400ポイント加算されるというものです。
これだと次年度プラチナを得るために必要な50000プレミアムポイントを獲得することも非常に難しくなりますね。つまりお金出してプレミアムポイントを得るという主旨になります。
まぁ改悪ですね。しかし既に永久スターアライアンス・ゴールドの方々は、これ以上会員が増えずにラウンジなどの混雑も緩和されるんじゃないかとホッとしているかもしれません。

今回の変更点は他にも特典マイレージ利用法などもあり、次回以降記事にしていこうと思います。では。

まだ間に合います!永久スターアライアンス・ゴールドへの道もこの一枚から


↓変更点をもっと知りたいなんて思ったら、ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
[ 2007/10/05 06:28 ] 海外生活/Air lines | TB(0) | CM(2)

ANAマイレージ改訂について、他にない記事をありがとうございます。プレスリリースだといいことしか書いていないので、ここの情報は貴重です。

そういえば、3ヶ月前くらいの『財界』誌か何かに、ANAの社長が、マイレージの使用比率が想定より多くて、実は困っているということが載っていました。航空会社としては、マイルが期限までに十分たまらなかったり、忘れてくれて、消滅してくれた方がよい。

(2)が出ましたが、今後の続編を期待いたします。
[ 2007/10/08 20:26 ] [ 編集 ]

>> 青三さん、はじめまして

>ANAの社長が、マイレージの使用比率が想定より多くて、実は困っている

そうでしょうね。おかげで僕らもマイレージは使いにくくて困っています(笑)
ANAマイレージクラブの改悪については引き続き記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。
[ 2007/10/10 21:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/244-660a8f9a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。