スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英HSBC、日本でマス富裕層向け個人金融を08年に開始 

こんにちは、嶋田です。
台風直撃の前に仕事終わるかなぁという淡い思いは消えてしまいました。今日も仕事は深夜に及びます。ということで、ブログ更新。

以前から何度か取り上げている、HSBCの日本における個人向け業務。本日のロイター通信、日経新聞とも取り上げています。またHSBC JAPANホームページのアナウンスもありました。
以下に引用します。

[東京 6日 ロイター] 
英金融大手のHSBCは6日、2008年1月をめどに個人向けのウェルスマネジメント・サービスを開始すると発表した。1000万円超の金融資産のある個人に業務を拡大することで、日本におけるサービスの品揃えを拡充する。
HSBCは金融資産1000万円以上、1億円以下の個人を「マス富裕層」と位置づけている。首都圏には対象となる個人が630万人いると想定しており、金融庁からの認可を取得次第、2008年1月から東京、大阪などに店舗(HSBCプレミアセンター)を開設、サービスを開始する。

[6日 NIKKEI NET
「HSBC、日本での個人向け金融に参入・資産1000万円以上が対象」
欧州金融グループ最大手で香港上海銀行を傘下に持つ英HSBCグループは2008年1月から日本で個人向け金融業務を始める方針だ。預かり資産1000万円以上の顧客を対象に富裕層向けビジネスを手掛ける。まず東京と大阪に専門店を開設し順次全国に店舗網を広げる。日興コーディアルグループを買収した米シティグループに続く欧米金融大手の富裕層向け参入で、日本を舞台にしたマネー争奪戦は一段と激しくなりそうだ。
香港上海銀のスチュアート・ミルン在日代表が日本経済新聞記者に5日明らかにした。6日に正式発表する。

(引用終わり)


(3D Spatial Models of Great Buildingsより)
個人的に最も好きな金融機関のひとつであるHSBC。
日本での個人向け業務に1000万円というCITIGOLDあたりを意識した設定で、今後どのようなサービスを展開していくのか注視していこうと思います。実際はHSBC PREMIERということになりますが、僕としては海外のHSBC支店との連携や取扱商品に最も関心があります。では。

↓どうか応援のほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m
人気blogランキング

スポンサーサイト
[ 2007/09/06 14:59 ] 国内銀行/海外バンク | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/232-885c5137





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。