スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

憧れの高田純次 

高田純次...僕の憧れの人です。
嶋田です。
人生にはいろいろな局面がありますね。
現代社会ではつらいと思う局面の方も多くいることでしょう。
そういう時、テレビで彼を見ると無性にうらやましさを覚えるんですよ。

そういう人って結構いると勝手に思っているんですが、マイノリティでしょうか?
今回、僕が読んだ著書『適当論』に関してあまり内容はありません。
精神科医の和田氏との対談形式で1時間もあれば読める内容です。
しかも感想もありません。 しかし、読んでいる最中や読んだ後に、時々笑えます。
憧れの高田純次氏も時々悩み、つらい思いをすると書いてあり当然と思う反面、勝手にがっかりした部分もあります。


スポンサーサイト
[ 2006/09/17 11:46 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/23-6ab2d767





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。