スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

外貨MMF再考 

嶋田です。ボラタイルな状況は続きそうです。

3年後に海外で勉強・仕事をできるように準備をしています。
その準備のひとつとして、アセットアロケーションを徐々にシフトしています。海外での生活では、もちろん外貨が必要になります。

それが留学という条件であれば、現地での収入はありません。僕は医師という国境を越えられない職業なので(条件あるいは資格試験によっては一様ではない)、一般的に留学・研究という名目になることが多いです。
研究者としてであればある程度の給与をもらうこともあると思いますが、スズメの涙ほどです。

当てにすることはできません。

そういう中期的なビジョンがあると、資産運用は変わってきます。
僕自身は投資を始めた数年前は考えていなかった状況に変わってきており、3年後をメドに条件は留学か研究かは未定ですが、海外生活をする予定でいます。

そこで外貨MMFを多く購入しています。
外貨のキャッシュポジションという位置づけで、3年後には総資産の3割程度が外貨MMFになる予定になっています。
個人的な資産運用のキモは外貨は円転しないで、海外で使う分だけMMFなり普通預金なりでもつというところです。さらに、それらの通貨で決済できるということにも注目しています。ひいては通貨の分散にもなるわけです。

以前「現役プライベート・バンカーの5年後にお金持ちになる資産運用(改訂版)」を読みました。この著書の中にはこれらのMMFを中心とした通貨分散・円転しない資産活用が書かれていたと思います。そして、今回手に取った同著者の「現役プライベート・バンカーの5年後にお金持ちになる海外投資」を読みましたが、プライベートバンクにやたらと重きが置かれておりお勧めの著書とは言いがたいものがあります。
乙川乙彦さんのブログ「乙川乙彦の投資日記」でも書評がなされています。では。
  
スポンサーサイト
[ 2007/08/21 22:08 ] 預金(円・外貨)/MMF/MRF | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/222-2443abd8





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。