スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

資産流通ルートの1例報告 

嶋田です。湿気は苦手です。
ブログのプロフィールのところにもありますが、このブログは資産流通ルートなるものも考えないといけないらしいのです。。
今更消すこともできない(汗)ので、ちょっとした1例報告などしてみようと思います。

基本的には「好きな」国にメインバンクがあるのがいいでしょうね。
あっ、これはもちろん総資産も大きくなるセミリタイア or リタイア後の話です。
ただ、いきなりいっぺんに口座開設はキツイですし、多少慣れ親しんだ方が面白いのでそういうつもりで書いたものです。悪しからず。。

僕自身はなんと言っても「香港」が好きですね。
自ずとHSBC Hong Kongがメインバンクになると思っています。ノーマン・フォスターの作ったビルでダラダラするのも好きです。
現役中でも年に1~2回程度は行きたいと思っています。同時にキャリー。

あとは決済口座は大事にしています。カレンシーはそのまま使えないと僕は嫌なんですね。下の例ではJPY, USD, EUR, GBP, HKD, SGDなどの決済がチェック or クレジット or デビットカードで可能になります。
さらにcitibankでAUDやCADの資産をT/Cにして現地で手数料無料で現金化することもでき、これも立派な流通ルートかと思います。
当然、為替相場がゆるしてくれたらアメックスプラチナ(円決済)を出しますけどね(笑)。
将来、自分の良く行くであろう国の通貨と相談してみてください。JPYで決済できますか?



最近ひそかに狙っているのが、Interactive Brokers(IB)です。両替・送金・米国ETFs・欧州ETFsなど用途が幅広いようですね。

参考ブログを以下に挙げておきます。
相互リンクさせていただいている駒沢公園歩行人さんのブログ「駒沢公園散歩日乗
乙川乙彦さんのブログ「乙川乙彦の投資日記
VMaxさんのブログ「VMaxの投資のブログ

まぁ、実現できるように今日も地道に当直です。。では。
 
スポンサーサイト
[ 2007/06/26 18:10 ] 資産運用一般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/198-57015be5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。