スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Sudan関連のETF登場(訂正; sudan関連を除くlarge capでした) 

嶋田です。
まず、Diamonds are forever in LONDON。詳しくはFTの記事でどうぞ。
これを見たらdiamondは買えません。。映画自体はつまらないものです。


本日もまた相も変わらず、new ETFが2本launchされています。
そのうち1本はスーダン」関連スーダン関連を除くインデックスに連動するETFです。

*訂正;(2007/06/27 12:40)
Gabbianoさんのご指摘で致命的なミス記事であることが発覚しました。
大変申し訳ありませんでした。
スーダン関連ではなく、『スーダン関連を除く』large capということになります。致命的です。
The LCSFSI is based on the LCSI but incorporates an additional step to screen outcompanies with business involvement in Sudan.
この一文とFreeの一文字が目に入らず、起きたものです。
医療現場でなくて良かった。。反省。。
AM3時の記事更新は止めます。
したがって、以下の記事は各所読み替えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

いやぁ、Gabbianoさんに感謝!感謝!



うーん、スーダンってどこ??

どうやらエジプトの南、密かに?アフリカ最大の面積を持つ国らスィー。 GDP:196億米ドル(2004年), 経済成長率:15.6%(2004年)。ふんふん。
ダルフールもスーダンだったかぁ。無知の知。
あと、経済はやはり油とレアメタル。

さて、そんなスーダン関連のETFスーダン関連を除くインデックスに連動するETF

Claymore/KLD Sudan Free Large-Cap Core ETF(KSF)

関連記事はロイターから「New U.S. ETFs include Sudan-Free social ETF

これはThe KLD Large Cap Sudan Free Social Index(LCSFSI)に連動するETFで結局はUS Large Capに投資することになるようです。
indexの詳細はこちらから。


まぁ、僕は買わないと思いますがネタとして。では。
スポンサーサイト
[ 2007/06/26 03:13 ] ETF@abroad(最新海外ETF・ETN) | TB(0) | CM(3)

スーダンっていまだ米のテロ支援国家に入れたたままだと思うんですが、いいのかな。しかし石油が出ても多くのアフリカ諸国ってまともに経済成長しませんね、戦国国取り物語がいまだ続いているようで、まぁ無理やり国境を作った欧州勢の責任もあるんでしょうけど。
[ 2007/06/26 12:35 ] [ 編集 ]

Sudan Free

こんにちは。

これは"Sudan Free"だからスーダン関連企業を除いたファンドなのではないでしょうか?
SRIファンド(タバコ、アルコール、ギャンブル、兵器などの関連企業を除いたもの)と同じノリかと思います。
個人的には、SRIの精神とは相容れない部分があるので、アルコールやギャンブルはOKですし、アフリカや中東も気にしません。PRKだけは投資したくないですが...
[ 2007/06/27 12:31 ] [ 編集 ]

嶋田忠信

>>Giabbinoさん

大変失礼致しました。
おっしゃるとおりです。AM3時の記事更新はやめます。
ご指摘ありがとうございました。


>>オサーンさん

そういうわけで僕の不注意でした。
スーダン関連以外のLarge Capということです。
『The LCSFSI is based on the LCSI but incorporates an additional step to screen outcompanies with business involvement in Sudan.』の一文とFreeの一語が目に入らず、致命的なミス記事です。
訂正します。
[ 2007/06/27 12:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/197-afe3c76f





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。