スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

寿命賭博(2) -臓器売買 

嶋田です。昨日は珍しく当直と重なることなく不在者投票でない形で投票に行くことができました。
先日のフィリピンにおける臓器売買の公認化はまだまだ議論されているところですが、より深刻な臓器売買が行われているであろう国が中国やインドでしょう。
その中国において臓器移植条例が公表された。以下YOMIURI ONLINE(4月7日記事)から引用する。

中国政府は4月7日付の共産党機関紙・人民日報などを通じて、臓器移植にかかわる規定を定めた「人体器官移植条例」を公表した。3月下旬に決定された同規定は「あらゆる形式の臓器売買と関連活動」の禁止を明記し、臓器移植ビジネスの根絶を図る内容になっている。5月1日に施行される。
規定では、臓器移植にかかる費用は、(1)手術費(2)臓器の保存、輸送費(3)薬、検査、消耗品代――に限定した。売買、関連行為があれば、地方政府がその所得を没収し、取引額の8~10倍の罰金を徴収する。関与した医療機関の責任者は処分される。
本人の同意のない臓器摘出、生前に摘出不同意の意思表示をしていた人の遺体からの摘出、18歳未満からの摘出については刑事責任を問うとした。
一方、患者が移植手術を受ける順序は、「医学的な必要度に応じ、公平、公正、公開の原則を遵守する」と強調、政府が具体的方法を定めるとした。中国ではこれまで、日本人を含む外国人や富裕層が、仲介人や医療機関などに高額の費用を支払い、優先的に移植手術を受けるケースが多数あったとされる。
(引用終わり)


つまり国が臓器売買の事実を認めているということです。ここ最近になり中国共産党の汚職が公になってきていますが中国という国はまだまだとんでもないことが隠されているところです。
中国については死刑囚からの臓器摘出だけでなく、カナダの調査団体により「法輪功学習者を対象とした臓器狩り調査(PDF)」(原著;REPORT INTO ALLEGATIONS OF ORGAN HARVESTING OF FALUN GONG PRACTITIONERS IN CHINA)が報告されています。法輪功学習者の臓器狩りに関する記事としてはこちらこちらで紹介されています(リンク先には非常にショッキングな画像もあるためR18指定でお願いします)。
僕自身は医師でありもちろん思うところはありますが、敢えてここでは臓器売買の是非や倫理については論議することはしません。

興味のある方は以下の資料に目を通すことをお勧めします。
中国における死刑囚からの臓器移植」粟屋剛 著
臓器売買-インドの事例-」粟屋剛 著
臓器の移植に関する法律
私の腎臓を売ります」宇尾房子 著
人体部品ビジネス―「臓器」商品化時代の現実」粟屋剛 著
ヒューマンボディショップ」A.キンブレル 著
Body Brokers: Inside America's Underground Trade in Human Remains」Annie Cheney 著
ドナービジネス」一橋 文哉 著
 
関連記事; フィリピン政府、腎臓売買許可(2007/02/03記事)
スポンサーサイト
[ 2007/04/09 11:33 ] 寿命賭博 | TB(0) | CM(2)

小金を語ってください

資産運用のお話ならばともかく、
何のために臓器売買の話題をされたのでしょうね。
>僕自身は医師でありもちろん思うところはありますが、敢えてここでは臓器売買の是非や倫理については論議することはしません。

議論をするお気持ちがないのであれば、言及の必要もないこと。医師としての立場を明確に表明できないのならば、たかだか資産運用のブログで、このような話題をされない方がよいかと、同じ医師として老婆心ながら思いました。失礼。
[ 2007/05/04 03:47 ] [ 編集 ]

>> allanさん、御指摘ありがとうございます。
[ 2007/05/04 04:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/153-dd9c0c8d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。