スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医師・歯科医師資格確認検索サイト 

嶋田です。
新年度に入り厚労省がまた良く分からない催し物を始めました。
その名も「医師等資格確認検索サイト」
一般の方が受診した医師・歯科医師がモグリでないかを確認するためのものということですが、どうなのでしょう?
厚労省のページにある「医師等についても資格の確認を行う必要がある場合がありそのための手段が必要であるとの声がありました」とはどんな業種なのでしょう?微妙です。。

試しに自分の名前を検索してみようと、氏名・性別を入れてみるとヒット!(当たり前か)
ここでは医籍登録年・行政処分に関する情報(対象者のみ)も公開されます。

まず年齢がおおよそバレます。
業務停止期間中の医師はその行政処分内容が公表されます。
僕は顔と年齢が一致おらず、かなりのベテランと思われています。「ケッ、こんな若造だったのかよ!」とか言われるかもしれませんね。

医師の個人情報は唯でさえ、裏取引されていて漏洩しているというのにさらに拍車がかからなければいいのですが・・・。
インチキ不動産からの電話も相変わらず多いことですし。厚労省はそういう実態を知っているのか否か。。

ちなみにこの検索サイトでは「医師あるいは歯科医」「氏名完全一致」「性別」のみで簡単に「医籍登録年」「行政処分に関する情報」を得ることができます。
*今までの医師・歯科医師の資格照会は、氏名・生年月日・登録番号の三つがそろっている場合だけ厚労省が回答するものでした。

さらに以下のような場合は検索にヒットしないようです。
①医籍(歯科医籍)の氏名に対応しているため、旧姓等の利用により登録名と利用の氏名が異なる医師等
②死亡や失踪又は免許取消の行政処分により、抹消の手続きが済んでいる医師等(死亡や失踪の抹消申請は、手続き終了まで一定の時間を要しますのでその間は検索可能となる場合があります)
③国内最高齢者より高齢の医師等の登録者
④昭和15年、当時の厚生省庁舎火災により焼失した医籍(歯科医籍)のうちデータが復元されていない医師等
⑤琉球政府により免許された医師等

この検索サイトについては2005年から言われていたことですが、2005年4月に施行された「行政機関個人情報保護法」に基づき、医師国家試験の合格者氏名の公表を2006年度から取り止めたのに・・・と思ってしまいます。
オンラインでの検索を可能にすることは一般的には便利になり良いことなのですが、こと個人情報になってくると「興味本意」「悪用」などにつながるケースも出てくるように個人的には思います。
「一応記事にはしましたが、ちょっと嫌なのでリンクを張ることをやめました。興味のある方は厚労省のページで調べてください。」と言いたいところですが、当ブログ訪問者には感謝しておりますので隠しリンクを張っておきます(笑)。
では。
>> 医師等資格確認検索サイト
スポンサーサイト
[ 2007/04/03 18:14 ] 医療一般/医療経済 | TB(0) | CM(8)

自分の名前を検索しましたがありました。
何だか気味が悪いですね。
[ 2007/04/03 20:47 ] [ 編集 ]

死んだ医者

かなり、死んだ医者も登録されてるようですよ。
全く、税金の無駄です。
国民の税金を使ってる、公務員の天下り先とかを検索できるシステムなら良いんでしょうが。
[ 2007/04/03 20:59 ] [ 編集 ]

不動産屋

>インチキ不動産からの電話も相変わらず多いことですし。厚労省はそういう実態を知っているのか否か。。

うっとうしいですよね。電話。
我が家は、ナンバーリクエストを利用して、非通知なら通知するように応答メッセージを流して切れるように設定しています。もちろん呼び出し音はなりません。
万一通知してきたら、番号を確認して迷惑電話番号登録をして、次にかかってきたら受信しない旨応答メッセージを切れるように設定しています。
名簿にも自宅は載せていないので、最近はほとんど電話は自宅にはかかってきません。
[ 2007/04/03 21:36 ] [ 編集 ]

Yes、高○クリニック

私も自分の名前確認しました。同姓同名の人はいないんだなぁって知りました。
知り合いの先生の名前もいろいろいれてみましたが、
あの高○クリニックの高○○弥先生の名前が出てきません。
脱税とかでよく話題になってましたが???
[ 2007/04/03 23:29 ] [ 編集 ]

>>通りすがり先生、はじめまして。

確かに嫌な感じがします。行政処分をされた方はもっと嫌でしょうけど・・


>> Dr.I先生、はじめまして。コメントありがとうございます。

僕の知り合いの自殺した医師も載っていました。。
これはいったい誰のためのものなのか、分かりかねます。
今後ともよろしくお願いいたします。


>>Dr.CFP先生、こんにちは。

医師の個人情報裏取引をとめる手立てはないものでしょうか?僕個人は絶対に必要でない限り「医師」とは書きません。
それでもやはり必要にかられるところはあり、そこが発信源なのだとは推測はつきますが。。


>>名無しさん

まさか、偽名で診療しているわけでもないでしょうから、やはりサイト登録に不備がたたあるのでしょうね。全くひどいものです。
 


[ 2007/04/05 11:51 ] [ 編集 ]

発信源

>医師の個人情報裏取引をとめる手立てはないものでしょうか?


発信源は、やはり医師会名簿などだったのだろうと思いますよ。ヤフオクなどでも古いのが売りに出ていますから。今まで受けてきた中で名簿の記載からそう思わせることがありましたから。

今はどうなんだろう?うちにはかかってこないからよくわかりません。職場には名前を騙ってたまにかかってきますが、不審電話は受付でブロックされています。(^^)
[ 2007/04/06 18:36 ] [ 編集 ]

いつも面白く読ませていただいています。
興味の範囲も近いので、年齢的には多分同年齢、同キャリアなんぢゃないかと、親しみをもっているのですが・・・。
嶋田さんの名前、勝手に医師資格検索で調べてました。
・・・で、でてこない。
まぁ、ブログは普通偽名が安全ですが・・・。

ちなみに医師同士の結婚ですが、うちの家族はお恥ずかしながら、女医の医師=医師結婚率7人中6人ですよ(笑)
[ 2007/09/12 23:55 ] [ 編集 ]

>>医師6さん、ご愛読ありがとうございます。

>嶋田さんの名前、勝手に医師資格検索で調べてました。・・・で、でてこない。

あはは、すみません。医者の世界は狭いですし・・・、嫌な人も多い世界ですから一応の偽名です(笑)。

>うちの家族はお恥ずかしながら、女医の医師=医師結婚率7人中6人ですよ

ご家族になんと!7名も女性医師がおいでですか。女系医者一族ですね。それはそれでやりにくい部分もあるかとお察しします。
僕の身内には僕のほかに医師が2名いるだけなのでそれ程問題にはなりません。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2007/09/13 20:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/150-7b8faada





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。