スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジム・ロジャーズの農産物ファンド 

嶋田です。
ロジャーズ国際商品指数(RICI)のサブクラスになるロジャーズ国際商品指数-農産物(RICI-A)に連動する投資信託が4/16より募集開始されるようです。

具体的な組み入れ比率に関しては2007/4現在で、小麦20.1%、トウモロコシ13.6%、綿花11.6%、大豆8.6%、大豆油5.7%、生牛5.7%、砂糖5.7%、コーヒー5.7%、その他23.2%となっています。

商品新時代農産物ファンド
販売手数料ノーロード(オンライン以外は1%)、10万円以上1万円単位
解約留保金0.3%
信託報酬不明ですが「商品新時代」と同様なら信託報酬0.5% ゼネラルパートナー管理報酬1.7% 商品投資顧問会社管理報酬1.0% その他費用(監査費用等) 計3.2%となるでしょう(高っ!)

大阪証券取引所で今夏に取り扱いを開始するであろう「金連動ETF」には興味がありませんが、農産物への投資というのは僕自身ちょっと興味のあるところでもあります。皆さんもご検討ください。
その際やはり国内商品はまだまだコストが高いです。米国ETFではセクター別のコモディティETFもありコストもまずまず。
例えばPowershares DB Agriculture Fund (DBA) 信託報酬0.91%


「商品新時代農産物ファンド」自体を勧める気は全くありませんが(というかやめた方がいい)、コモディティに興味のある方はジム・ロジャーズ氏の薀蓄を聞いてみるのはいかがでしょう?
先日来日した時の講演内容です>>ジム・ロジャーズ来日講演DVD


ジム・ロジャーズ氏の著書
大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代
冒険投資家 ジム・ロジャーズが語る 投資の戦略
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 日経ビジネス人文庫
カウンターゲーム ウィザードブックシリーズ

関連カテゴリー; コモディティ(商品)/インフレヘッジ 
 
スポンサーサイト

コモディティ・インデックスの危険性?

初めまして。Einthovenて蘭のFCのことですか?私は独派なんです。それはさて置き、コモディティ・インデックス投信の巨大な欠陥を暴露した記事を発見しました。証券会社の買い&売り煽り記事ではなく、独立行政法人のまともな論文のようです。それに付随する記事も添付します。分析、感想をお聞かせ下さい!

http://oilresearch.jogmec.go.jp/enq/frame.php?lurl=/publish/pdf/2006/200609_077a.pdf#search='GSCI'

ゴールドマンサックスのコモディティインデックス(GSCI)、roll-overに失敗してかなり損失だしていたようです(↓)。
上記論文の中で、限月乗り換え(roll-over)で問題があると指摘されていましたが、そう言う問題が実際に発生
していたようです。

インデックスファンドというと何となく、レバレッジをかけた信用取引より安全と思っていました。株や債券との違いは
現物を保有できないところです。例えば、今年5月に「1バレル、50ドルで買う権利」を保有していたら、期限
がきたら、証券会社(ゴールドマンサックス)は現物で引き取らねばならない?株券だったら引き取れるが、石油
だったら、あの丸い大きな石油タンクやポリタンクに移し替えて、倉庫に保管?証券会社はそんなことできない!
危険物に相当するから通常の倉庫では・・・。

http://blog.radionikkei.jp/kikukawa3/index.php?ID=669

http://www.worldtimes.co.jp/news/bus/kiji/2007-02-07T153528Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-246164-1.html


[ 2007/04/03 20:51 ] [ 編集 ]

>>Werder Bremenさん、はじめまして。
貴重な情報ありがとうございます。

まずWillem Einthovenは蘭の心電図の大家です(笑)。
コモディティに関する記事を読ませていただきました。僕は専門家でも何でもないので何とも言えないのですが、先物・オプション取引のroll overに関しては以前から言われており、その影響に関しても重大なものと思っております。
そういう意味でこの記事には納得するところがあります。

先物・オプションの取引はroll overするのでその都度で課税対象になるということ、それ自体が配当など利益を出さないことも大事なところでしょう。

それを差し引いて考えても個人的にはコモディティ投資は長期的にはポートフォリオ効率を理論上高め、短期的には単純に安く買って高く売るだけのタイミング投資ですから、短期投機としてアリだと思っています。

コメントにもなっていないかもしれませんが、トウシロでありご容赦ください。もしかしたらEinthoven氏が答えてくれるかもしれません。。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2007/04/05 12:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/149-d65ccf15





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。