スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10代へのタミフル™処方が事実上できない 

嶋田です。
本日(2007/03/21)のNIKKEI NETで「タミフル、10代への処方中止求める・厚労省」なる記事がありました。
以下に引用します。

インフルエンザ治療薬「タミフル」を服用した男児2人が二階から転落した異常行動が新たに二件あったことが分かり、厚生労働省は20日、輸入販売元の中外製薬に対し「10歳以上の未成年の患者には原則として使用を差し控えること」と添付文書の警告欄を改訂し、緊急安全性情報を医療機関に配布するよう指示した。
今年2月にタミフルを服用した中学生がマンションから相次いで転落死して以降、同省は注意喚起を呼び掛けていたが、不十分と判断した。「10歳以上」と明示したことについて、同省は「10歳未満の場合は、重篤になることが比較的多いため、タミフルの服用制限までは求めなかった」と説明している。
厚労省の指示を受け、中外製薬はカプセルとドライシロップで販売しているタミフル二種の添付文書を改訂。十代の患者は、合併症、既往歴などからハイリスク患者とされる場合を除いて原則として使用を中止することや、ゼロ歳から9歳は使用できるが、使用した場合には異常行動の恐れがあることを家族に説明するよう明記する。
(引用終わり)

懸念していた厚労省の弱さが出たように思います。
小児の高熱には異常行動が十分考えられる。僕自身も10歳くらいのとき高熱で「人形に謝り続ける」という異常行動をとったらしいです(笑)。
この発表で我々医師は事実上10歳以上の未成年にはタミフル™を処方することは出来ない。

厚労省には早々に
タミフル™と異常行動の実態
抗インフルエンザ薬の処方の有無での予後
なぜ今回処方中止に至ったのか?
リレンザ™やシンメトレル™はどうするのか?
タミフル™内服インフルエンザ患者で高熱と異常行動の相関
などに対する回答を期待したい。

正直現状ではただ「出しにくい(処方しにくい)」状況であり僕個人としては、診療しやすくなったという部分はある。
さらに抗インフルエンザ薬の処方をしないなら10歳以上の未成年にはインフルエンザ迅速検査をする意義は無くなる(学校保険法の適応くらいか)。
いろいろ疑問が出てくるであろう厚労省の判断と言わざるを得ないですね。

日本の厚労省なんて「やっぱりこんなもん」って言われそう。

関連記事; インフルエンザ祭り (2007/03/12記事)
スポンサーサイト
[ 2007/03/21 05:44 ] 医療一般/医療経済 | TB(0) | CM(2)

タミフル代替薬

最近blogを拝見させて頂いています。ネットで調べると、タミフルの代替薬として麻黄湯を使う医師が増えているそうですね。うちの子供達も最近インフルエンザにかかりましたが、タミフルやっぱり効きますよね。しっかり、調査して欲しいものです。
[ 2007/03/30 06:26 ] [ 編集 ]

>>Dr.CFP先生、はじめまして。
コメントありがとうございます。

確かに僕の勤務している病院などでもツムラ27を処方している先生もいるようです。個人的には漢方をなかなか好きになれずに出すには至っておりません。
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2007/03/30 09:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/140-531bb3dd





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。