スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

普及しないジェネリック医薬品 

嶋田です。
日本ではなかなか後発医薬品(ジェネリック医薬品)が普及しにくいようです。昨日の日経新聞記事にもありましたが、厚生労働省調査で処方率はわずか5.7%に留まっているようです。

いろいろな要因があるのだと思いますが、もしかすると日本人のブランド志向は大きな要因かもしれませんね。
それにしても5.7%とは。。。

僕自身は薬剤によってはジェネリック医薬品を比較的積極的に処方しています。これも日本では「代替調剤」を薬剤師ができないからです。
ジェネリック医薬品自体にも多少問題がありますので、日本のようなお堅い国では「代替調剤」(薬剤師が医師に代わって処方薬剤を変更すること)ができるようになるのは難しいかもしれません。

医療保険の問題もあるでしょう。欧米ではジェネリックにしないと負担額が増加する仕組みなっている国もあるようです。これでは普及せざるを得ないでしょう。
日本は医師会が強いから薬価差が絡むとなかなか議論が進まないかもしれません。

ちなみに今回の厚労省調査では処方箋の17.1%に薬剤変更可と医師がチェックを入れていたにもかかわらず、そのうちの85.7%は変更されなかったとのことです。
薬剤師側の認識の問題なのか患者側の認識の問題なおか不明ですが、これが日本におけるジェネリック医薬品の現状のようです。
スポンサーサイト
[ 2007/02/02 09:31 ] 医療一般/医療経済 | TB(1) | CM(2)

ジェネリック医薬品

普及する気配ありませんね~。
普及していない理由は
1.そもそも存在を知らないから
2.処方箋をもらうときに言うのに勇気や抵抗がある
あたりは考えられますね。
製薬メーカーがCMしているけれどインパクトないし
国がもっと普及に力を入れていって欲しいですよ。
[ 2007/02/04 08:01 ] [ 編集 ]

日本では医療界が絡むと政界は動きにくいでしょうね。
医療経済的には間違いなくヤルべきですね。
医者としても細かい成分の違いがありますが、概ね問題なく処方できます。
ぜひ、医療従事者側・消費者側双方の認識・意識を増していってほしいです。
[ 2007/02/08 06:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/119-e57b14d2


ジェネリック医薬品

「ジェネリック医薬品」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年2月6日収集分= *いわきか...
[2007/02/06 17:10] URL ブログで情報収集!Blog-Headline/health



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。