スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

機会損失 

情報量が膨大となり、ともするとその情報に振り回されてしまう現代社会。
Rene Descartes(ルネ・デカルト)はその著書『方法序説』の中で方法的懐疑から真理探究の第1原理を『我思う、ゆえに我あり』という形で言っている。
現代において自分に必要な情報を取捨選択していくことは非常に難しい。

しかし、鼻から疑ってかかる懐疑論者たちは、時として『機会損失』を被ることになる。 難しいが自分で情報を十分吟味し、自己責任で機会損失を避けることも必要だろう。

忠信先生はこういうことが言いたいのだろうと勝手に推測させていただきました。
スポンサーサイト
[ 2006/09/05 17:46 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://einthoven.blog49.fc2.com/tb.php/11-b2116a79





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。